« まだまだ楽しい夏のイベント☆ | トップページ | ◎大活躍のドット柄◎ »

2010年8月27日 (金)

残暑を乗り切る着物

京都はまだ真夏日が続いており、ちょっと外に出るだけで溶けてしまいそうな毎日です。

とは言っても、もうすぐ9月!!さすがに浴衣はちょっと…と言う時期にさしかかってまいります。

でも、セオαの浴衣なら衿を入れて、足袋を履けば、単衣のシーズンもお使いいただけます。

P1220556_2

和風館でも大人気の椿 抹茶色のようなちょっと秋色なものだったら、この季節にも最適です。

少々汗をかいてしまってもポリエステルだから大丈夫

すぐに乾くし、着心地爽快です☆

P1220559

それでもやっぱり暑い!!と言う方には衿付き肌着ご用意しております。

こちら一枚で、肌襦袢+長襦袢の役割です。

夏は一枚でも少なく着たいですよね!!

衿付き肌着  ¥10,500(税込)

今年も「カワイイ」が勢ぞろい!

着物二恋スル季節展

ご予約お待ちしておりま~す♪

↓ポチッとクリック↓励みになります

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 ←キモノ好きさんの素敵ブログへGO!

 

« まだまだ楽しい夏のイベント☆ | トップページ | ◎大活躍のドット柄◎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残暑を乗り切る着物:

« まだまだ楽しい夏のイベント☆ | トップページ | ◎大活躍のドット柄◎ »