« 和風館◆椿な浴衣 | トップページ | 浴衣で突撃☆みたらし祭 後編。 »

2010年7月28日 (水)

浴衣で突撃☆みたらし祭 前編。

「還幸祭」のあった24日、お店が終わってから

みんなで下鴨神社の「みたらし祭」に行ってきました!

P1210978

前から、「行きたいね~」と言っていたのですが、そもそも「みたらし祭」とはどんなお祭なのか、詳しくは知らなかった私。

なんとなく、「年に一度だけ下鴨神社の御手洗池に足footを浸けられるんだって」などというアバウトな(←アバウトにも程があるsweat02)感じでいたのですがcoldsweats01

正式には↓

『平安期の頃、季節の変わり目に貴族は禊祓いをして、罪、けがれを祓っていた。土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。  毎年、土用の丑の日に境内御手洗池に祀られている御手洗社において「足つけ神事」が行われる。老若男女が集まり、御手洗池で膝までを浸し、無病息災を祈る。』(下鴨神社のHPより引用)

とのこと。。。

バチ当りでスミマセンsweat01

今年は23日~26日までの4日間でした。

 

下鴨神社の南に広がる糺の森には、屋台も出てました!

浴衣姿の方も、結構いらっしゃいましたよconfident

P1210973

美味しそうな匂いのする屋台に誘惑されながらも、先にお参りを済ませましょう!

糺の森は、京都市内とは思えないくらいとっても涼し~confident

数ある京都のパワースポットの中でも、糺の森はイチオシスポットなんだそうですよ。

森の中は、屋台の光以外に明かりはなく、とっても静か。

P1220009

境内の提灯も幻想的shine

「絶対デートにいいよね~happy02heart04」と、テンションの上がる我々。

女3人で来ているという現実をしばし忘れて、妄想の世界に浸っていました。。。(笑)

境内に近づくと、御手洗池まで行列がcoldsweats02

順路の途中で、「えとの杜」を通ったので、

自分の干支の社に、必死にお願い事をする店長K。

P1210981

↑必死過ぎですpaperimpact何をお願いしたのやら。。。

いよいよ、御手洗池にたどり着き、200円を奉納してろうそくを頂き、

いざ、池に!!!!!

 

 

ん・・・?

 

 

ええっ!!

 

 

ふ・・・深い!!!!

P1210988

余裕で大人の膝下くらいの深さです!

足首くらいまでだろうと思っていた私たちは、あまりの深さにプチパニックwobblysweat01

「ぎゃ~!浴衣濡れる~」

「て、店長!それ以上裾上げたらパンツ見えるsweat01

「マネージャー!!裾が浸かってますぅ~」

神聖な池で大騒ぎ!!

しかも・・・

「冷たい~~~~happy02

それもそのはず!この池の水は、地下からくみ上げられたものなんだそうです。

神聖な池の神聖な水で、身を清める私たち。

「冷える~~浴衣びしょびしょ~~ でも・・・

 セオαだから、大丈夫scissors

・・・清められたハズですgawk

P1210991

無病息災を願って奉納されたろうそくの光が

すごく幻想的な雰囲気でした。

P1210995

池から上がった後は、ご神水を頂きましたよ。

P1220001

騒ぎすぎてかれた喉にしみる~!

P1210999

Fさんのだけ、お神酒じゃないですよね?!(笑)

少しクールダウンしたところで、後半へ続く!

 

↓ポチッとクリック↓励みになりますconfidentheart04

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村   ←キモノ好きさんの素敵ブログへGO!

 

和風館ICHI HP   heart01リニューアルheart01

メール

TEL:075-211-8211


« 和風館◆椿な浴衣 | トップページ | 浴衣で突撃☆みたらし祭 後編。 »

スタッフ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178773/35925591

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣で突撃☆みたらし祭 前編。:

« 和風館◆椿な浴衣 | トップページ | 浴衣で突撃☆みたらし祭 後編。 »