« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

着物ツアーズin伊勢志摩 vol、5

昨日、テレビを見ていると、TBSの『ぴったんこカンカン』という番組で、安住アナと美川憲一が「鳥羽伊勢スピリチュアルツアー」と題して、伊勢神宮とおかげ横丁を訪ねていました。

おお!伊勢ブーム到来?!とテンションが上がってしまいました。

さて、安住アナと美川さんも訪れたおかげ横丁は、本当に着物の似合い過ぎる街並みで、石畳が続き、瓦屋根が連なり、見上げれば電線の無い空・・・

「ココに住みたい!!」とみんなで叫んでおりました。

Cimg3898

Dscf2203_2

Dscf2186

Dscf2216

そんなこんなで5回に渡ってお送りしてまいりました「着物ツアーズin伊勢志摩の旅」でしたが、いかかでしたか?

みなさまも、おかげ横丁に行かれるなら、ぜひ!お着物で行ってみて下さいね。

Photo_87

このコ達、連れて帰ってきました。

お店のカウンターでみなさまのお越しをお待ちしてます。 あたまナデナデしに来て下さいね~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

着物ツアーズin伊勢志摩 vol、4

伊勢路の旅も、いよいよ佳境に入ります。

そもそもこの旅行をするきっかけになったのが「おかげ横丁の赤福氷が食べたい!!」と言う、店長とスタッフKの一言からでした。

赤福氷とは。その名のとおり伊勢名物「赤福」がかき氷の中に入った、それはそれはおいしいかき氷のこと。抹茶の蜜・餡・餅のコラボレーションがたまらない1品です。私のかき氷ベスト3に入っています(^^)

4人中3人が赤福氷を頼み、あんこが苦手なスタッフK川は「甘夏氷」を。これもまたおいしいんです!夏みかんのほどよい酸味が・・・グッドです♪

Cimg3863 赤福氷の不思議 ”氷の中のお餅が固くならない”初めて食べるスタッフもびっくり☆

Cimg3862

Dscf2172

天気予報は下り坂だったにも関わらず、晴れ女の店長のパワーで見事に晴れました!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

着物ツアーズin伊勢志摩 vol、3

楽しい伊勢の旅も中盤に差しかかりました。お昼ごはんをおなかいっぱい味わって、大満足のご一行。さて、お次は・・・。

鳥羽から伊勢へ向かう道程で通りかかったのが「二見の夫婦岩」。雄岩と雌岩が一つの綱で繋がっているあの有名な(?)岩です。三重県出身のスタッフK以外のメンバーは皆、見たことがないとの事だったので、行ってみる事に。

その姿が現れるのをドキドキしながら歩くこと3分。ついに目の前に現れた夫婦岩を見て3人は「・・・え!?これ?夫婦岩??」Cimg3834

意外なほどの小ささに、みんなの期待を見事に裏切る夫婦岩。でも、この時期は日の出がちょうど夫婦岩の間から昇ってくるそうで、その姿は圧巻…らしいです。

そして、なぜがこのスポットにやたらといるカエルたち。

Dscf2169 お願いポーズのカエルさん。

Cimg3837 夫婦岩をバックに。

ここでも相変わらずキモノ姿を見られる、見られる…。

お昼ごはんの分をしっかり消化して、お次は本日のメイン「伊勢神宮&おかげ横丁」へ。。。

つづく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

イ☆ロ☆チ

みなさんわかりますかぁ~?

私の着ている浴衣とトルソーが着ているは同じ柄の色違いなんです!!

意外に気づかないでしょ?それが浴衣や着物の面白い所でもあると私は思います。

帯を替えたり、小物を変えたりする事で、もっと違った着こなしが楽しめるんではないでしょうか?

Photo_86

| コメント (0) | トラックバック (1)

着物ツアーズin伊勢志摩 vol、2

さて、のんびり鉄の旅は続きます。

ハイキングのおば様たちと、黄金観音様に別れを告げ、電車は、京都銀行のCM並みのなが~~~~~~~~~~~~いトンネルを抜け、田園調布の間を走っていきます。

ICHIスタッフ4人中、3人が田舎育ちの田舎暮らしというのどかな面々ですが、唯一の都会生まれ都会育ちの店長は、「私、ここで生活するの、3日も持たんと思う・・・」としみじみ車窓を眺めてはりました。そんな店長の横では、スタッフFちゃんが、「わー!!私、こんな田舎に住みたいですー!!私のとこも田舎ですけど・・・」とはしゃいでおりました。

二人の理想の違いっぷりが、何とも微笑ましい一コマでした。

伊勢中川という駅で下車、ここでやっと前日より現地入りしていたスタッフKさんと合流です。

Kさんの運転で、まずはお昼ご飯を求めて海の駅「黒潮海鮮館」へと向かいました。

Cimg3823_2 目の前は!というナイスロケーションに、テンションあがりまくりです。

普段、海を見る事のないスタッフK川とFは、着物にも関わらず、文字通り飛び跳ねておりました。

さて、「黒潮」の海鮮丼は獲れたての新鮮な魚介類を二種類選んお店のおばちゃんに伝え、ホカホカご飯にのせてもらえるというシステム。

しかし、Cimg3826_3そのおばちゃんがなかなかのツワモノでした。店長が生まぐろサーモン丼を頼んだのですが、おばちゃんは「はいよー!ウニイクラ丼ね~」 ・・・一コもあってないやんっと思わず突っ込みましたが、おばちゃんはどこ吹く風。

さらに、サイドメニューからゲソバター焼きを頼んだのですが、待てど待てど出来上がってきません。我らが店長が勇気を出して、「すいませーん、ゲソバターまだなんですけど・・・」と聞きに行くと、「えー?出したで~」とおっしゃいましたとさ。 もう、どんだけ~(笑)

とまぁ、かなりパンチの効いたおばちゃんでしたが、海鮮丼はかなり!美味でした。

写真は、私が頼んだイクラサーモンの親子丼です。

Cimg3827_1

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

着物ツアーズin伊勢志摩 vol、1

< 昨日は新風館の休館日でした☆なかなか、スタッフと遊びにいく機会がないので、休館日を利用して、スタッフカワイの故郷 三重県の伊勢志摩へ遊びに行って参りました♪♪

せっかく4人で出かけるのならば着物で行こう!!じゃないか?!と提案した所、みんな着物で出掛けるのに、ノリノリになってくれました♪

特に、スタッフFはあまりにも楽しみにし過ぎて、行く前々日から着物のコーディネートを考え、荷物を用意し、前日は興奮し過ぎて、眠れなかったそうです。

近鉄電車で、伊勢までは、特急を利用すると2時間くらいで、行けますが、私たちは小旅行気分に浸る為 あえて急行や普通を乗り継いで、3時間余りをかけて伊勢路を目指す事に致しました☆Photo_85

朝8時に京都駅にて、スタッフFと待ち合わせ。いつもは朝寝坊な私ですが、遊びとなれば話は別。珍しく6時に起床し、朝からメイク、着付けと大急ぎで準備を致しました。

そして、電車へ乗り込み、スタッフKの待つ、大和八木へ…

京都から奈良へ向かう列車の車窓は意外にものんびりとした田園風景が広がり、大和八木に着き、スタッフkと合流、なんか3人着物でいると、私達が想像していた以上に目立つらしく、ハイキングに行く、おば様方に「今日は何があんの?」「何で着物着てるの?」「自分で着たの?」と10分くらい質問攻めにされた後、おばさんは立ち上がり、「その帯どうなってんの?」と言い、スタッフFを立たせ、くるくる回し、帯の結び方を勉強されていました。

京都市内からほとんど出ない私は、京都にも田んぼがあるんだぁ~と小学生の様なおバカな事を思ってしまいました。

奈良から三重へ行く列車の車窓は山orトンネルor田園と言う非常にのどかな風景でした。世界の車窓からならぬ、伊勢路の車窓から

Cimg3819_1

と、のどかな気持ちで外を眺めていたら、突如、摩訶不思議としかいいようのない、不思議な建物達が現れました。

山合に、ルーブル美術館ミロのビーナス・黄金の観音様そして極めつけは自由の女神です。 Cimg3820_2

ちょっと、伊勢までのはずが、もしかして、世界一周旅行に来ている?!との錯覚に陥りかけました。結局、この建物が何だったのか未だに解明されておりません。伊勢に着くまでにかなりの珍道中なきもののツアーズ、無事にお伊勢さんに参れるのか?

明日に続く…

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月17日 (日)

あと1ヶ月☆

梅雨入りしたというのに毎日暑いですね~

梅雨が明けるといよいよ、京都三大祭の一つ『祇園祭』がやってきます!

今年は、7月15日()16日(月・祝)17日(火)と連休が入っているので、たくさんの人が来られるのでしょうね。ビックリするくらいの人ごみも、祇園祭の醍醐味というものでしょうか(^ ^;)

和風館ICHIがあります新風館という建物は、祇園祭メインストリートの烏丸通りに面しているので、祇園祭にお越しの際は、ぜひお店にお立ち寄りくださいね!

さて!みな様、浴衣の準備はもうできていますか??

今年はどんな色にしようかな?帯を替えてみようかな? 考えるだけでもテンションが上がりますよね。

お祭り・花火・きもだめし(?)・・・何もなくても、お友達と浴衣DAYをつくっておでかけするのもアリですよね!

自分で浴衣が着れないの・・・という方は、ICHIスタッフにお任せ下さい!

当店で浴衣をお買上のお客様には、浴衣着付けをサービスさせて頂きます!(※お一人様、お好きな日時、1回のご利用に限ります)

祇園祭りの期間中は大変込み合いますので、ご予約はお早めにお願い致しますね!

詳しくは、和風館ICHIまでお問い合わせくださいませ。

和風館ICHIのホームページも見てくださいね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

和風館ガール♪

今日お店に来られた学生さんに、和風館のバラ小紋を着てもらっちゃいました!!

あんまりにも良く似合ってたので、『写真撮らせてください!』とお願いした上に、『ICHIブログに載せちゃっても良いですか??』と厚かましくもお願いしたところ、快くOKしてもらいました。

ありがとうございます~!Photo_83

和風館の半巾帯を合わせて、半衿と帯留にチョウチョをあしらって・・・ステキです!

お友達は、JAMのドクロ浴衣をご試着。こちらも良くお似合いでした!

またお二人で遊びにいらして下さいね~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

知ってるようで、知らない技

みなさん、浴衣を着ると衿がついついが折れてしまい、せっかくの浴衣美人が台無しになってしまいませんか?

Photo_77 ←こんな風に中に折り込まれてしまいますよね?浴衣の場合は襦袢を着ないので、仕方ないと言えば、仕方ないのですが、せっかく着るならキレイに着たいのが、乙女ですよね!!

店長がとっておきの秘密の技をお教えいたします☆

キモノの際に衿がきれいに仕上がるのは何故でしょう?

そうです!! 襦袢の衿に衿芯を入れているからです。

と、言う事は浴衣でも衿芯を入れてしまえばいいんです!!

Photo_78

とは言っても、浴衣はお襦袢を着ないじゃないか!!と思った方も多いと思います。

まず、浴衣をお持ちの方は見ていただきたいのですが、衿の部分が胸元のあたりまで、二重になっている部分があります。その部分を掛衿と言うのですが、その内側の部分の片方だけでいいので、縫ってある糸を取ってください。

Photo_79 そうしてそこに衿芯を通してあげるだけで、衿がぴっしっとなり、着姿がとっても良くなります☆

他の人と差をつけたいと思うあなた、着こなしの面でもステキな浴衣美人を目指してください!!

Photo_80

衿芯を入れるとこんなに衿がきれいにあくので、ぜひぜひ、お試しあれ!!

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

乙女の必須アイテム

Photo_76 Photo_75 だいぶ、暑くなってきましたネ♪夏はもうそこまで来てる!!ってカンジです☆

みなさん今年の浴衣はもう選ばれましたか?浴衣はもちろんですが、みなさん浴衣の下は何を着ますか?

浴衣はもともと湯上りに着るもので、汗の吸収が良い事で、綿素材が使われています。しかし、綿は少し固めの素材ですので、裾さばきが良くなかったりと言う点もあります。

そんな時下に一枚キモノ用のスリップなどを着て頂くと、裾さばきもよくなりますよ!!

今年MATSUDA SEIKOから登場いたしましたスリップよーくみると、ハート柄になってるんですよ♪

Vネックになってにて、ワンピースの下なんかに着てもいいかも?!

キモノに嬉しい後ろのくりが大きく開いています!!

浴衣にも、キモノにも、ワンピースにも大活躍間違いなしです☆

MATSUDA SEIKO スリップ  ¥7,140

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

☆撮影風景☆

新風館専属バンド、「ティアラ」の協力によりこんなステキな和風館の浴衣写真ができました♪

Photo_70

Photo_71

Photo_72

Photo_74

和風館ICHI HPはコチラ↓

http://www.wafukan-ichi.jp/

| コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »