« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

春はすぐそこに。。。

昨日、今日と暖かい日が続いていますね!明日からはグッと冷え込むようですが・・・。

昨日、天気が良くて気持ちよかったので京都御苑を散歩していました。すると、思いがけず梅の花に遭遇。もう咲いているんですね。暦の上でも立春までもう少し。春はすぐそこまで来ています。

ところで、その散歩中に家具屋さんが並んでいる通りにでました。そばにある昔ながらの陶器屋さんに立ち寄りおばちゃんと話しをしていると、どうやらその一体は「家具屋町」と呼ばれ、昔はたいそう賑わっていたようです。京都市内の地図を見ていると、他にも「樽屋町」「塩屋町」「帯屋町」などなど・・・昔の町並みを想像させる町名がたくさんあります。そんな中発見してしまったのが、「元悪王子町」・・・・!?もとわるおうじ??昔は悪かった王子のいた町!??などと、おかしな想像が膨らんでしまいます。私は京都出身ではないので、この町がどんないわれがあってこの名前になったのかは、想像するしかありません。誰か知っている方がいたら、ぜひ教えて欲しいものです。

これから春になると、町を歩くのが楽しくなってきます。どんどん歩いて京都を堪能したいですね!!

| コメント (0)

2007年1月29日 (月)

お初天神です!

Photo_3 去る1月25日、我らが店長のぞみ嬢と小生は、北野天満宮へと参りました。快晴という天気に恵まれ、今年初の天神市は大変賑わっておりました。

キモノ姿でのデートは初めてでしたので、のぞみ嬢の着こなしを楽しみに待っていましたが、さすが!!期待を裏切らないあざやかさで、のぞみ嬢は北野の地に降臨されました。昭和モダンテイストの鮮やかな紫に黄色で染め抜かれた橘の花がなんともオシャレ!

アンティークキモノの醍醐味は何と言っても現代にない鮮やかさでしょう。と、今更宣言しなくとも、キモノ好きの皆様はご存知のことでしょう。しかし、頭では分かっていても、なかなか実践出来ない方も多いのでは?あまりの鮮やかさに気後れする方もいらっしゃるでしょう。

でも、鮮やかなキモノは、見る人を幸せにしてくれます。のぞみ嬢も市を散策中、何度も声をかけられていました。特に年配の女性。皆、険しい顔ではなく、ほころぶ笑顔を見せていました。改めてアンティークキモノの素晴らしさを実感した一日でした。私も素敵な着こなしを編み出さねば!!

| トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

休日の過ごしかた

仕事はお休み。朝目覚めると日が差して暖かい。さて、何をしよう?と悩む。

こんな日は気持ちばかりが焦って、結局何もできなかった・・・と言うパターンが多いのですが、昨日は逆に何をするでもなく思いつくままに1日を過ごして見ることにしました。

まず、京都駅ビルへ。何年かぶりに大階段を上り、屋上まで行ってみました。いや、何年かぶりと言うより、初めて屋上に行きました。お金を出して京都タワーに上らなくても、十分な景色が見渡せるではありませんか!子供たちが走り、おじいさんが腰をかけ、じつにほのぼのとした空間がそこにありました。屋上までの大階段はほとんどの人がエスカレーターを利用しているため、階段は独り占め。とても気持ちのいい一時でした。

次に向かったのが本屋さん。大きい本屋さんはまるで図書館のようで、どれだけいても飽きません。・・・と言うより、いろいろ目移りしてしまって大変です。私の中の創作意欲もむくむく。キリがないので文庫本を2冊購入して本屋さんは退散。

最後に地下街をうろうろショッピング。お買い得な買い物をしてストレス発散!

そして家に帰り、インスタントのカプチーノを飲み・・・。特にコレと言って何かをしたわけではないのですが、こころは満たされしっかりと充電できた休日になりました。さて、お仕事もがんばりますか!!

| コメント (0)

2007年1月26日 (金)

鳥取は何もなかった

激安鳥取旅行☆

空と風と海と砂丘。感想が浮かばない(^^;)

一泊二日で激安鳥取旅行に出かけてきました。

本当は鳥取出身の写真家植田正治さんの写真美術館に行きたかったんですけど、都合上叶わず。でも砂丘は空想するにはもってこいの場所でした。沈黙の中に音楽を聴くような。想像力を鍛えねばねば!!

自称日本探検隊書記の日本旅行記でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

花言葉(^^)

本日の花言葉は・・・

すっかり定番シリーズ、花言葉です。本日の花言葉は、

エリカ:博愛、孤独、裏切り

私としましてはエリカという花が存在するということが発見でした。エリカさんという女性のお名前の方はステキですね。こんな花言葉でした。博愛、、、、結婚するなら博愛主義者は個人的見解としましては良いのか、困るのか少しわかりません。後者の気持ちは私が少し子供だからでしょうか。結婚ラッシュ第1弾のお年頃の私、最近結婚式の招待が増加しておりますので考えたりもします(^^)みなさんはどちらの意見でしょうか。

さて、個人的なお話しですが。私先日お花を貰いました。初回の花言葉の書き込みにもあるように(よかったらバックナンバーをご覧下さい)私花を贈られるのがとても嬉しい乙女なのです。頂いたお花は大概写真に色んな角度から収める少しマニアな面もありますが、花の命は短い。華々しく咲いているときは鑑賞と香りを楽しむ。そして写真は映像記録として、またポストカードにもなります。だって頂く花は自分じゃ買わないようなステキなお花なので。ここぞと撮っておきます♪今回頂きましたのはお花に差しているメッセージがいいとものテレフォンショッキングを思わせる感じの華やか可愛い感じでステキなお花でした。嬉しいものですね(^^)今回はそのお花画像を載せます♪今回は花言葉、というよりも個人的なまさに日記で、恐縮ですm(_ _)mPhoto_11

| トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

古都 金沢

昨日は、お店は定休日、貴重な休みを利用して行ってきました。古都金沢。朝6時起床!!7時半のバスに乗り一路金沢へ…

雪が降っているのかと思い、ここでは書けないくらいの重ね着を施して、行ったものの雪のゆの字もないほどでした。どうかすると、京都の方が寒いくらい。あまりの重ね着で身動きとりにくいし、暑いし、なんだよ!!って感じでしたが、今回の旅の目的は『21世紀美術館』開館以来、とっても行きたかった美術館の1つで、今は私の大好きな奈良美智さんの展覧会が開催されており、行くっきゃない!!と思い、日帰り金沢ツアーを決行いたしました☆金沢では珍しい快晴の日でした。円形の美術館に到着!!まず、入り口に迷ってしまいました。21世紀美術館は現代美術作品を所蔵している美術館です。現代美術と言うとみなさんわかりにくいと思っていますよね?正直、私もよくわかんないって思う事がたくさんあります!!そんな方たちの為に21世紀美術館では、作品説明のレコーダーを貸してくれたり、かゆいところに手が届くと行った美術館でした☆ぜひ、みなさんも行ってみてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

数字に見る人の道

昨日は、DVD三昧!その中でも私は「博士の愛した数式」を大プッシュしたいと思います。記憶が80分しか持たないという障害を抱えた数学博士と家政婦の親子が触れ合う中で、数字から人生に大切なものを学ぶというストーリーです。実はこれ、本当の話し。この映画を中学生のときに見ていたら、私も理系になっていたかもしれません。

私たちの日常に溢れる数字を一つ一つ慈しんで、その数字に人の道を説く博士の言葉が心にじんわりと染み渡りました。

人生で限りなく愛するものがあるということは、一つの宝を持っているということでしょう。私たちは探しながらそれが何かを知ることもなく、なすすべもありませんが、たまにプレゼントされる瞬きの瞬間をぎゅっとだきしめて生きていきたいと思いました。

博士の愛した数式・・幸せの不感症にならないために一度観ていただけたらと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

マイブーム

最近のマイブーム。「風呂敷」です。

先日風呂敷の使い方の講習に参加し、いろんな活用法に目からウロコ。今、スーパーでもレジ袋が有料化しつつあり、私も3日前から「レジ袋ノーサンキュウ運動」をし始めました。少し大きめサイズを持っていれば、大抵のものは一つの風呂敷にまとまりますし、それが可愛い風呂敷なら、スーパーの袋をぶら下げているよりもずっとおしゃれです。昨日は大根と白菜を風呂敷に入れ、ルンルンで部屋までの階段を駆けあがりました♪

そもそも、私がエコ生活を始めようとしたきっかけは「マイ箸運動」をしてる素敵な女性に出会ったからです。彼女は外食時にもマイ箸を持参し、出てくる割り箸を断っているのです。そして何よりも引かれたのが、箸袋。手作りのおしゃれな箸袋。。。素敵でした。

レジ袋がわりの風呂敷にしても、マイ箸にしても、実践している人はまだまだ少ないのが現状です。でも、だからこそ堂々と実践している人ってすごくかっこいい・・・と思ったのです。

ICHIにもいろんな風呂敷があります!使い方もお教えしますので、気軽に寄ってくださいね★Photo_2

| コメント (0)

2007年1月19日 (金)

嵐山を歩く

お待たせしました、京都散策、嵐山編です。

ご存知、京都の観光名所の嵐山ですが、私達は今回ベタな観光コースを回ってしまいました。つまらない?そうおっしゃらず、どうかお付き合い下さい。

阪急桂駅から電車にのり、終点嵐山駅に降り立った私たち親子は、さっそく、渡月橋に向かいました。

生憎、紅葉とは全く無縁の季節でしたので、特筆すべき景色はなかったのですが、桂川を流れる鴨の集団に出くわし、それを観察していました。良く見ると鴨達は皆「つがい」で泳いでいました。そこに独身らしきオスの鴨が現れ、人妻(鴨妻?)にちょっかいを出し始めました。そして、それを阻止しようと、夫は羽を大きくバタつかせ、オス同士のケンカが始まりました。こんなにも愛らしい動物なのに、やはり男女関係、いや雌雄関係となるとジェラシーが渦巻くのでしょうか?

さて、渡月橋を離れ、昼ごしらえをしようと嵯峨野に行きました。目的は湯豆腐!いや~なんてベタ!!

選んだお店はその名も「嵯峨野」。いや~、観光丸出しですねっ!!でも、とっても美味しかったですよ。本当に美味しい豆腐は、醤油やポン酢を使わなくても、そのままで美味しいんです。本当です。

豆腐料理でお腹いっぱいになったところで、我々は大覚寺に向かいました。母は過去に3度は訪れたという有名なお寺です。そして観光名所です。寺の前には驚くほど大きなバスターミナルが備わっています。さすが!

この大覚寺、生花の嵯峨流と関係が深く、入り口正面に、驚くほど大きな生花が飾られていました。とても大きいです。私の部屋4.5畳を軽く埋め尽くしてしまうほど大きいです。寺は非常に広く、平安時代の屋敷を垣間見た気分でした。そして、仏説摩訶般若波羅蜜多心経の写経を行いました。1000円也。私は左利きなのですが、右手で書いたので一時間もかかってしまいました。私より後に始めたおばあちゃんは20分程で書き上げていたのに・・・。ベテランだ・・・。

大覚寺を去った後、河原町のジュンク堂に行ったのですが、母は真剣に般若心経の解説本を選んでいました。母も御年51歳、そろそろ来世に不安を覚え、仏門に入るのでしょうか。私は無宗教であるので、遺言書には「葬式不要、戒名不要」と書きたいのですが、いつか私も仏にすがりたくなるのでしょうか。不安です。

どうでしたか、嵐山編。行きたくなりましたか?今なら観光客が少なくてGOODですよ~。

| トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

◆家紋◆

―ルイ・ヴィトンのモノグラムも、実は日本の家紋からヒントを得て出来たもの―と言う話も有名ですが、日本の文化でもある「家紋」。実は自分の家の家紋が何であるか知らない人も多いのではないでしょうか。

実を言うと私も3,4年ほど前までは”我が家の家紋”と言うものに興味も無く知りませんでした。キモノ業界で働き始めてから、やっと知ったくらいです。家紋と言って想像するのは、水戸黄門の「この印籠が目に入らぬか」の葵の紋くらいでしょうか。あの、葵の紋様は徳川家のものなんですね。家紋は代々引き継がれている家の印です。もし、自分の家の家紋が『葵』に関係するものだったら、祖先は徳川家に縁のあるものだったのかもしれません!そう考えると、自分の家の家紋にとても興味が湧いてきますよね。

我が家の家紋は『梅鉢』。これはどうやらあの学問の神様―菅原道真が起源らしいのです。京都で言うと「北野天満宮」も菅原道真の神様で、そこと紋が一緒だと思うとたとえ関係なくても嬉しくなってしまいます(^^ゞ

先日、マツケン版の「遠山の金さん」を観ました。金さんが着ていた着物には横に三本線の家紋(丸に割り三引き両)でした。それがどうしたの?といわれれば、それだけなんですが、家紋に注目して時代劇を観るのも面白いかもしれないよ、と言うお話しです。

せっかく日本人に生まれたのだから、伝統ある家紋に興味を持って、自分の家紋を大切にしっかり守っていきましょう☆

| コメント (0)

2007年1月15日 (月)

2007 花言葉(^^)☆

1月15日の お花※BOKE※

皆様新年も明けましてもう半月が経ちます。お正月も終え、いかがお過ごしでしょうか。さて。今年はじめの花言葉。本日の花言葉はボケの花です。少し何かひっかかるニュアンスの持ち主のお花ですが花言葉は、熱情。

熱情:物事に対する激しく熱心な気持ち。情熱。

体育会系にぴったりのこの言葉、ボケの花の花言葉とは何だか意外な心境です。この言葉、新年に少し見合った言葉の様な気もします。新しい年、今年はどんな抱負を掲げていらっしゃいますでしょうか。一年の計は元旦にありとも言いいますが未だ自分的に今年の目標をお持ちで無い方、是非立ててみてください。本日の花言葉に通ずる思いがなくとも少なからず昨年よりは確実に歳月を重ねております。きっと来年のご自身の方向性にもなると思います。たとえ有限実行でなくとも計する事に意義があります。わたくし自身若干年齢の軽さか重さかを感じるお年頃のせいか、こいったことを感じた新年でありました。思い通りなはならなくとも、そこに向けての軌道修正の基準になればいいと思います。ボケの花からこんなことを連想するとは本当に花言葉って不思議ですよねー(^^)


2007年1月13日 (土)

桂離宮を歩く

昨日、母に誘われ、桂離宮に行ってまいりました。何度か応募しては落選したようで、今回やっとのことで当選したそうです。

阪急桂駅から徒歩約15分のところに桂離宮はあります。これまでに京都御所、修学院離宮と、宮内庁管轄の秘められた宮殿に足を運んできましたが、今回の桂離宮はいつも以上に楽しみでした。皇室建築一質素ながらも、その計算しつくされた庭園の美しさは、日本人はおろか世界の人々の心をわし掴みにし、一向に放してはくれません。

いつもながら厳重な警備の中、桂離宮の内部へと足を踏み入れた私たち。一緒に回ったグループには、老夫婦が圧倒的に多かったのですが、学生らしき団体も見られました。美術大学の学生でしょうか。彼らは一向にガイドさんの説明を聞こうとはせず、群れから離れて個々に園内を見学しています。個性を主張したがる様は、ますます美大生の疑いが強まります。

ところで桂離宮は回遊式庭園であり、園内を一周するルートで道が作られています。庭園の風景もすばらしいのですが、私としては是非とも足元の石の舗装を見て欲しいと思います。庭園内の歩道の石の敷き方には三種類あります。人工的に切られた石だけで構成された歩道を「真(しん)」、切石と自然のままの石で構成された歩道を「行(ぎょう)」、自然石だけで構成された歩道を「草(そう)」といいます。この三種類の歩道は庭園内のどこかにありますので、見つけてください。真・行・草以外にも、桂離宮の石の舗装は見事なものです。どれも計算しつくされています。是非是非、足元に注目!!

しかし足元ばかり見ていた私は、ガイドさんの話も上の空で、説明を聞いた母に説明を聞きいては、うんざりされました。とにかく、こうして桂離宮の見学を午前中に終えた私たち。嵐山へと向かいました。続きは、嵐山編で。乞うご期待!!

| トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

『犬神家の一族』を見て

今年初めてのの映画は、『犬神家の一族』です!

松嶋菜々子は久々の映画出演ではないでしょうか?1976年にもこの映画は市川監督により製作されており、今回はリメイク版でまたまた市川監督がメガホンを取った、超期待作!!早速梅田に向かいました。

はじめ、HEPナビオに向かったのですが、上映は全て終了していたので、三番街シネマに向かいました。入場してびっくり、人が全然いないじゃないですか!私が小学生のころ、映画館といえばこの三番街シネマだったのですが、何だか非常に寂れた雰囲気を醸し出していました。すぐ近くにHEPナビオがあるだけに、この映画館が閉館しないか心配でたまりません。

さて、映画ですが、私みたいな素人が評価するのも恐れ多いですが、、、まあ60点くらいでしょうか?はじめはスリリングな展開に期待が持てたのですが、ミステリーの割にはテンポが遅くて、途中、もう誰でもいいから犯人を教えてくれ!と思ってしまいました・・・。

終盤で犯人が、動機を語るのですが、あまり同感出来なかったために、感動はしませんでした。でもまあそれは、映画が悪いわけではないのですけどね。

個人的に好きだったのは、深田恭子でした。戦後の人物らしからぬところが逆に新鮮でした。皆さんもこの評価を気にせず、是非観にいってください☆★(^-^;)

| トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

年も明けまして、どこかに遊びに行こうという話になり行ってきました!競馬場!

京都金杯(定かではありません、間違っていたらごめんなさい)にお京阪でゆられること30分。生で競馬を観たのは初めてだったので、寒さも忘れて興奮しました。

馬ってきれいですよね。

緑の芝の上を走ると本当にパカッパカッ♪と音がするんですね。

馬はどんな気持ちで走っているのか聞いてみたいものです。

それよりもびっくりしたのが、周りの人とお金の動き。。。

一日あの場所だけでいくら動いているのか、きっとすごい額ですよ。

7歳ぐらいの男の子から、20歳ぐらいの女子、おじさんおばさんに至るまで

一部410円という割高の新聞を赤ペンでまるつけて、歓喜と落胆の声を張り上げている

会場内は迫力満点です。

よし!夢をみてみようじゃないか!・・が、私は当たるはずもなく、100円が120円になったぐらいであとは負けてしまいました。

まぁ、人生そんなもんですか。と前向きに受け止めて岐路に着きました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

おみくじ

こんにちは☆スタッフ川合です。

先日スタッフが大阪天満宮へ行ったとブログにも書いてあったのですが、私も昨日北野天満宮へ初詣に行って参りました!ここのおみくじは毎年1月に引いているのですが、書いてあることが結構的を得ていて、そのおみくじを励みに1年をがんばるのですが・・・

今年は。。。

「凶」 -馬が痩せほそり、行く道を渋る-

こんな詩が書かれていました・・・(*_*)あまり上手くいかないようです。がんばれば神様のお助けがある、とも書いてあったので何はともあれがんばろう!心に決めました。

それにしても今年は「凶」を引いたという人の話をとてもよく聞きます。私で4人目なのです。それと同時に、「大凶」じゃなくて良かった・・・とか、最初に悪いと後は上がるのみ・・・とかいろんなプラス思考な言葉もよく聞きます。

要は、「ものは考えよう」と言う事ですね☆大殺界とやらにも惑わされぬよう今年も1年楽しみましょう♪

| コメント (0)

2007年1月 5日 (金)

お正月TV

みなさんお正月はどのように過ごされましたか?今年はお天気も良かったので、初詣に出掛けられた方も多いと思います。私のお正月の楽しみと言えば、なんといっても『箱根駅伝』です。小さい頃は何で正月早々走ってんだよ!!と思っていましたが、ここ数年は感動しては泣いています(T_T)出ている人はみんなすごく足の速い人ばかりなのに、あっと言う間に前の人を抜かしていってしまうのに、いつも驚きます!!一度でいいから箱根駅伝を生で見たい!!と思っています♪♪

また、最近のお正月はタレントさんや女優さんが着物で出演されている事が多く、今年私が見ていただけでも5人くらいの方が当店で扱っている着物を着てくれていて、とても嬉しかったです。正月からテレビの虫になっていてはいけないと思いながら、ついつい見てしまいました☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

初詣その2

昨日、大阪天満宮に初詣に行ってきました。学問の神様として有名な菅原道真が祀られている神社ですね。特に受験の予定はないのですが、一番行きやすいので、よくこの神社にお参りします。予想通り天神橋筋商店街は大賑わい。ついつい屋台のベビーカステラを買ってしまいました。

さて、境内も大賑わい。いつもは静かな場所ですが、ここぞとばかりに皆お願い事をしにくるんですね。私は、賽銭箱にいくら入っているかということに気をとられて、お願い事をし忘れてしまいました。

ところで最近おみくじって値上げしてませんか?数年前まで100円だったのに、今やどこに行っても200円。神社でのスーベニールは一番安いおみくじと決まっていたのですが、もはやワンコインという手軽さがなくなった以上、おみくじへの執念は消えうせてしまいました。

しかし、何が何でもスーベニールを持ち帰りたい私は、お守りを買おうと社務所へと詰め寄りました。そして、梅文様の開運の鈴を姉とおそろいで購入しました。この鈴、6色ぐらいあってとってもかわいいんです。毎年一色ずつ購入しようかと思っています。一つ700円です。私はピンクの鈴を購入しました。対応してくれたのは実習生の巫女さんでした。がんばって立派な巫女さんになってください。

境内を出た我々は、天満宮の北側にある茶屋が目に入って来ました。どうやらうどんを提供しているようですが、何やら異様な看板が・・・。「すべらんうどん」すべらん?どういうことだ?どうやらうどんが滑らないそうである。店員のおばちゃんによると、うどんの麺に縦に切れ込みが入っているらしく、そこに箸が引っかかって、麺をすくい上げやすいということだ。天満宮が学業の神様なので、「受験にすべらない」という意味が込められているとか。こういう変わった商品に目が無い我々一家は、早速購入。一パック一人前100円也。店内で食べても300円台なので安いです。(大阪天満宮・星合茶屋)

長々と書いてしまいましたが、どうでしたか?天満は日本一長い「天神橋筋商店街」があります。高校生のときは、しょっちゅうここに来ていました。大阪らしい面白いところなので、天満へ行ってみてください。Img_0756

| トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

謹賀新年★★亥★★

あけましておめでとうございます(^▽^)

皆様新年あけましておめでとうございます★★

どのようにお正月をお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

本年度も和風館ICHIをどうぞ宜しくお願い申しあげます。

只今福袋セールを実施中です(^^)皆様お誘い合せの上是非ご来店下さい♪♪

中身はなんと総額6万円以上の商品が半額以下やキモノ帯セットが一万5千円での

ご奉仕!!

お待ちしております♪♪♪(^▽^)

| トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »