« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

meet art

私の趣味の一つは、美術館めぐりです。美術品を観にいくことがというよりも、美術館そのものが好きで始まったこの趣味は近場だけでは飽き足りず、日本各地をめぐっています。

お気に入りは、滋賀県のMIHO美術館、北海道のモエレ沼公園etc・・・最近行ったのは名古屋の豊田市美術館です。豊田市は人口の8~9割近くの人がトヨタ関連で働いているというおもしろい街です。

豊田市美術館のおすすめは、まず見やすさと広さ!空調も完璧!館内だけではなく外を歩いてみれば、奥の方に金子潤の作品見っけ★なんて驚きに出会えたりもします。そしてなんといってもランチのエビフライがおいしい~(^^)サクサク加減は絶品です。ミュージアムショップも珍しく書籍が充実していました。

是非行ってみてくださいね。次は青森を狙っています。ウフフフフ。

記憶と言うカメラにしっかりとその美しさを残して。

3611740928

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

初詣

世間はクリスマスの真っ只中。ですが、私は先走ってお正月のことで頭がいっぱいです。

来年の初詣は皆さんどこへ行かれますか?京都では、伏見稲荷・八坂神社・下鴨神社等々たくさんの有名スポットがありますよね。実は私は余り詳しく知らないのですが・・・。

そういう大きな神社に参るのも雰囲気があってとても好きなんですが、私は地元の神社に参ることを毎年欠かしていません。歩いて5分ほどの所にある小さい神社ですが、毎年お寺の鐘がなるころに参りに行きます。近所の人たちに挨拶しながら、真っ暗な夜道をてくてく。そんな初詣もいいものです。

さて、神社でのお参りの仕方ですが、意外と知っているようで知らないことも多いものです。

まず参拝の仕方。二拝二拍手一拝・・・2回お辞儀をして、2回手を叩く。そして最後に1回お辞儀。ちなみにお賽銭を入れるのは一番最初です。

それから、鳥居をくぐる時はど真ん中を避けて通るそうです。真ん中は神様の通り道なので、そこは空けておく・・・と言うことらしいです。これは某番組から得た知識ですが(^^ゞ

新しい年まであと数日。みなさん、モチロンきもので初詣!!ですよね!??楽しみです♪

それにしても、今日はクリスマスイヴ。お店にも、お店の外にも笑えてくるほどカップルでいっぱいです。。。

| コメント (0)

2006年12月22日 (金)

冬至の雑学

12月22日金曜日、本日は冬至です。一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日。
この冬至に、「ゆず湯」に入り、「冬至かぼちゃ」を食べる風習がありますが何故だか知っていますか?
「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるようにと、浴槽に柚子を浮かべてはいるお風呂のことで、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があるそうです。
冬至は湯につかって病を治す―湯治(とうじ)にかけて、柚子は融通が利くようにと願いを込めて、江戸庶民から生まれたとのことです。昔の方もシャレ好きだったんですね。

あ、全てインターネット上の引用です・・。

こういうはなしをきちんと知っている大人になりたいものですね。

ちなみに、「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならないと言われ、
冬にビタミンなどの供給源が不足した時代は貴重なものだったそうです。

モノが溢れ、刺激にも慣れて、知恵を使う必要がなくなっていくような世の中ですが、

ふとこんな習慣に心を留めてみる。

そんな時間で取り戻すものがあるかもしれません。。

ある本で読んだ言葉です。「他人に花を持たせよう、自分に花の香りが残る」

日本人的発想ですねぇ。今晩は花の香りではなくて柚子の香りの残る夢枕で・・・Photo_10

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

本日の花言葉※

ストックていうお花ご存知ですか。

本日は花言葉についてのお話です。私は花に興味があります。唐突ではございますがもともと花が好きという乙女な部分を持っている私、(意外というお声も耳にはしますが)贈り物はケーキなら花がいいという団子より花派なんです。・・例えが古いというあなたは十代でしょうか。大丈夫です。私はまだ二十代です。本日のカテゴリーはまさにスタッフによるスタッフのつぶやきです。少しがんばって呼んでみてください。

本題に入ります。花言葉です。花言葉。ことわざもそうですが、たった数文字の日本語の中に詰まっている言葉の意味。考えられた昔々の方々は本当にすばらしい能力を持ってらっしゃるなと、感心、いえ感動いたします。ついこの間までのY新聞のCMではないですけど「言葉は、威力とか希望・・・etc」。言葉からリンクされた人間の表現力やそれらを作り出した想像力も凄いとですよね。あ、方便入りました。ハイ、京都じゃなかとです。言語とは具現化されていない情報交換ツール、伝達ツールに過ぎない空想的なものですがそれに人の思いや感情を加えると人間の中の何かを動かす能力を持っているなら上手く使えたら素敵な能力ですよね。その作用を持たない人間以外の生物、花にもそういった花からのメッセージとしてこの花言葉が生まれたのではないかと私は独断しております。ただこれこそ人間の主観の言葉でしょうけどね。実際花の意見なんて聞けませんからね。話す花を想像してみると多分厄介だなとは思いますが。話が膨らみすぎておりますが。花が話すなら犯罪率は下がるとは言われていますよね。花と小動物ですけど。様は目撃者が増加するからみたいですね。寄り道してそして本題です。(つぶやきなんでね。楽しんで書かせてもらっています。)本日の花言葉はトップのテーマとしてございます、ストックです。油菜(あぶらな)科。春の南房総でたくさん見かける2月、3月が切り花出荷のピークの地中海地方原産。ギリシャ時代から栽培されており古代ギリシャやローマ時代では薬草として利用されていた。効能的な花ですね。「ストック」は英語名で「幹」や「茎」を意味し しっかりした茎を持つことに由来する。(そういえばスキーにも「ストック」がありますね) 別名  「紫羅欄花(あらせいとう)」。葉が、ラセイタ (毛織物の一種(raxa))。ポルトガル語ではラセイタと呼ぶ)に似ており、そこから「葉ラセイタ」 →「アラセイタ」→「アラセイトウ」に変化した。 んだって。語源てそんなもんですよね。まあ、聞いた事私は無い花で大変申し訳ないというか残念ですが。。。ですが本日に花言葉をテーマにしようと思ったことでこの本日の花、ストックを知ったのも何かの縁、肝心花言葉は「未来を見つめる、努力、思いやり」。何かご想像されましたでしょうか。時期的に来春に新生活を迎える方にはなにかといろいろと反応する言葉なのではないでしょうか。こんな風に行動のきっかけになったり、探していた答えだったり、(おそらくタンスの下とかっていう花言葉は無いでしょうから探し物はご自身の記憶が正解です)花言葉、出来れば毎日、毎週調べて何かを気づかせてくれる花に出会うのも素敵ではないでしょうか。今日の占いを見る感覚ですね。癒しものブームの今花や土に触れると人は癒されるそうです。花のある生活、してみてはいかがでしょうか。Photo_9

●ストック  12月21日の誕生花●

花言葉お勧めサイト

http://www.hana300.com/aatanjyo12.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

おそろい♪

Cid_a0001_2 今日のスタッフは偶然!おそろいの半衿です。この半衿はツモリチサトの「たんぽぽ」。春はまだまだ遠いですが、早く冬が過ぎ、暖かい季節となるようにと、願いを込めて着けてみました。

半衿一面にタンポポの花が咲き並んでいて、さみしい衿元をキュートに演出してくれるとっておきの一枚です。現在「白」は完売していますが、私の着けている「緑」は、姉妹店「tententen]に在庫がございますので、気になる方はお店に寄っていってくださいな。

| トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

かさねの色目

先週末、色彩検定を受けてきました。色を勉強していると、伝統色名など面白いものがたくさんあります。

例えば萌葱色(もえぎいろ)。ネギが萌え出てきた頃の色。そのままですが・・・(^^;

新橋色なんてゆうのも有名です。明治時代に新橋の芸者さんの間で大流行した色で、今で言うとターコイズブルーに近いでしょうか。もう少し優しい色です。今でもこの色はおしゃれな色だと私は思います。

そんな中でキモノを着る者として興味深いのが「かさねの色目」

平安時代に生まれた日本の文化とも言えるもので、重ねる色によって季節を表します。平安時代の人たちは、直接対面して恋愛をするのではなく、御簾の向こうからチラッと見えるその人のキモノのセンスや、手紙で恋愛をしていた・・・というのも素敵ですよね。だからこそ 、女性たちは季節を敏感に感じて、キモノで表現する事に必死になっていたのではないでしょうか??

Yukinoshita京都もぐっと冷え込んできました。季節はすっかり冬です。こんな日は「雪の下」なんてかさねはいかがですか?表地に白。裏地に紅梅色。雪の下には梅の花が咲いていて、春が待ち遠しいなー。という色です。(個人的に解釈してます(^^ゞ)

寒い寒い京都の冬は憂鬱ですが、少しでもそんな冬を楽しめるように、今の季節しか出来ない色あわせを楽しんでみてくださいね☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

『武士の一分』を見て

またまた映画を見てきました。今回はあの話題作『武士の一分』です。“アイドル”のキムタクじゃありません。“俳優”の木村拓哉です。私は初めてキムタクに俳優としての一面を見ました。一体いままでのキムタクはなんだったのでしょう。「視聴率男」と騒がれ、テレビ局の作るトレンディードラマ(古い)に出演していたキムタクなんて、どうでもよくなります。あ、言い過ぎましたね。しかし、まあこれを機会に一層俳優としての地位を築いて欲しいと思いますね。

肝心の映画の評価ですが、キムタクののネームバリューを売りにしていますが、個人的に桃井かおりの演技が一番いいと思いました。彼女は日本の誇る最高の女優だと思いますよ。映画監督としてデビューなさいましたが、今後の日本映画界を引っ張っていく人物であると確信しています。

あ、また映画の評論を忘れていました。一緒に見に行った人曰く、「あまり金のかかっていなそうな映画やね」だそうです。確かに動きの少ない質素な映画でしたので、セットの費用だとか衣装の費用だとかはあまりかかっていなさそうでした。でもまあ「キャストに金かけているからいいんでない?」と反論しておきました。

戦闘シーンはほとんどなく、逆に下級武士の日常生活が細かく描写されていたので、時代劇としては派手さにかけますが、それなりに面白いと感じました。まあ、静かな映画が好きな方は是非見てください。美しい壇れいが待っていますよ。

| トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

猫。

と~ってもキュートで癒されるブログを見つけました。

その名も「まこという名の不思議顔の猫」♪

目つきのけだるさ、少し出たお腹、愛らしい表情とポーズ。。。

見てるだけで「はぅ~(>v<)かわいい!!」と思う気持ちでいっぱいになります。

それだけ、まこさんが愛されている証ですね、きっと。

まこさん・・なんて素敵な力を持っているのでしょう。

実は私も、将来猫を飼おうと思って名前を決めています。

今回は特別に発表しちゃいましょう・・ジャジャン・・「小春さん」です。

どうしても、さん付けで呼べる名前がよくて。

小春さんと出会えるその日までずっと大切に取っている名前です。

まこさんのご主人様のお部屋のインテリアも素敵で参考になります。

着物を着る方には、猫好きさんが多い気もしますし、チェックですYO。

| コメント (0)

2006年12月14日 (木)

「硫黄島からの手紙」を見て

先日、映画『硫黄島からの手紙』を観にいきました。硫黄島戦をテーマに、日米両国の視点から描いた、クリント・イーストウッド監督の二部構成の作品の一つとして、注目を集めていましたから、私も気になって映画館へ足を運びました。戦争映画は様々ありますが、これほど胸に突き刺さった映画はないと言える位、私は落ち込みました。

この映画、是非見てください。戦争の無意味さがよく理解できます。戦争が怖いのは生命が脅かされるだけではありません。己の信念や個性を否定され、国家統一の為の信念を強要されることこそほどの恐怖はありません。国の為、勇敢に死んだ兵士の悲劇に、哀愁と美をクローズアップした映画が多いですが、死んで勇者となるより、自分の為、誰かの為に生き延びることこそ大事なのではないでしょうか。と、私は思いました。

この冬は映画をいっぱい見て、いろんなことを感じたいと思います。

| トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ん?ん、ん?!

かにくさいょ?!

寒いです!ということでカニ鍋です。

うさぎのさくらさんにかにを与えてみましたところ‥ダッシュで逃げていきました。

まださくらさんにはかには大人の味だったようです。
おこたで、ハフハフとおいしい時間でした。

これから鍋の登場回数が増える季節ですが、くれぐれもかにをうさぎに与えてはいけません。お気をつけください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

椿コーディネート

Photo_8今朝、雨上がりの道に椿の花びらがかわいらしく落ちていました。

今日は私も椿色でコーディネート。

花びら色の帯に、めしべは帯揚げ、帯締めは葉っぱです。

わかってもらえるかしら・・・?

| コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

模様替えしました☆

Photo_6 今日は久しぶりにしとしと雨で空が暗いですね・・・。雨が苦手な私はそれだけでめいってしまいそうですが。。。そんな暗い気分を一新!!店内、ちょっと雰囲気変わりました!

店の中心に、観葉植物の「ばななちゃん」が、入り口には「おかめちゃん」がやってきました!名前は今勝手につけましたが。。。店内にグリーンが増えると気分も明るくなりますね♪

お店にいらしたときにはぜひ一声かけてあげてくださいね☆

| コメント (0)

2006年12月 5日 (火)

甘くて幸せ♪

東山のとある和菓子屋にて今日はリッチに三つ買いました☆

一つはくりおはぎ‥
二つ目はわらびもち‥
三つ目は栗丹後‥Photo_5

写真は三つ目のお茶菓子です。

う〜ん美味!濃い茶に合います(^^)ささやかな贅沢で心満たされた午後でした。


2006年12月 4日 (月)

京都に冬がやってきました。。。

昨日からググッと冷え込んできました。まだまだ冬の初めですがスタッフ一同「サムイサムイ」を連発しています。

そんな中スタッフに大人気なのが『乙女シャツ』。そう、一般に言う「ババシャツ」です。でも、花柄・レース使いがとってもキュートでちょっと見えてもいいような、逆に見せたくなる様なかわいいヤツなんです。衿ぐりが大きく開いているのでキモノを着るときでも見えません☆

今日は私も上下で着こんでいます。しかも、上下で違う色・・・。Cid_a0001

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

着る人によって…

昨日のブログのページで着ていた着物を今日はスタッフ川合が着ています!!合わせる帯や小物で着物は自由自在に雰囲気を変える事が出来ますよ☆お友達同士で着物を交換して着るのも面白いかもしれませんね!!Photo_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

MIXスタイル

着物にはかんざしって決め付けていませんか?意外に洋服で使っている小物などが、合うんですよ!!今日は着物にカチューシャをあわせてみました!!どうですか?似合ってますか?反対に着物で使うかんざしなどを洋服の時にあわせてもかわいいですよね!!色んなMIXスタイルを楽しんでみてはいかがですか?Photo_1

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

◆東映太秦映画村◆

知っていますか?映画村って着物で行くと入村料半額なんです!通常2200円が1100円!水戸黄門好きの私としてはこれは行くしかないでしょう。と言う事で、先日その映画村に姉と二人で行って来ました。行ってみて意外だったのが、キモノ姿の方がほとんどいないと言うこと。お客さんはもちろんのこと、映画村のスタッフもキモノ姿の人が少なかったです。残念。でも、ちゃっかり侍さんと写真を撮ってもらいました♪

そして、そして・・・!!水戸黄門の撮影を見てしまいました!!その日は助さんと格さんの撮影で、ガラス越しにちょこっと覗けたくらいですが水戸黄門ファンの私はそれだけで興奮。欲を言えば、黄門様も見たかったなぁ・・・。

あと、私は行くまで知らなかったのですが、映画村で「変身処」がありました。舞妓さんはもちろんのこと、おいらんや新撰組、お姫様や奥方・・・ありとあらゆる変身があって、その日私はしなかったのですが人が変身しているのをひたすら眺めていました。次回は舞妓さんになろう!と心に決めたのでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »